2018年4月24日火曜日

簡単な連絡用(お子様用)にLINE MOBILE おすすめ

子供用との連絡用にラインモバイルに手を出してみました。

主な使用用途は位置情報の共有と短い電話のみ。
格安シムで通話シム契約するとどうしても1500円程と通話料の心配が出てきます。
現在は子供用にauで1回線を使っていますが 月2116円かかってます。

内訳です。 
スーパーカケホライト 1700円
データ3G 4200円
毎月割▲2850円
スマートバリュー▲934円
--------------------------------
合計    2116円(間違ってたらすみません)

普通に使う分には安いと思いますが実際はネットは殆ど使わずに電話連絡はせいぜい5分以内。なのでラインモバイルのデーター+SMSのプランでライン電話で済ませようと考えました。
LINE MOBILEなら「データ+SMS 月額620円」でした。
データー1GだけですがLINE利用はカウントされないのが結構うれしいです。

いざ契約しようとすると申込の入力の途中に「キャンペーンコード」の入力箇所がありました。が、そんなもの知らず、調べてみました。
手っ取り早いのはアマゾンでコードが売っているのでそれを買って打ち込むと事務手数料3000円が0円になるという物。
「LINEモバイル エントリーパッケージ ドコモ対応SIMカード[月額基本料2ヶ月0円・オプション0円ぜーんぶゼロキャンペーン]」
↑が900円で売ってますが現在「50%クーポン」のチェックを入れて購入すると半額の450円になっていました。
結局事務手数料が450円になったような感じです。
アマゾンに注文して2日程で届いてラインに申込してシムが届くまでトータルで5日程かかりました。
子供用なので年齢制限解除せずに余っていたシムフリーのgalaxyS4にシムをいれてAPM設定ですんなり通信できました。
今の所問題なく電話も位置情報もできていて快適に使えています。

これでauからLINEMOBILEにすると月1496円安くなります。
年間18000円程になるのでこれだけあると安いシムフリー機が買えるのでもしどこかでスマホを落とされてもまだ笑って済ませられそうです。

ちなみに私は大手キャリアからワイモバイルに逃げました。
内容は
Mプラン(3Gがキャンペーンで6G)
最初の1年は月2980円+税=3218円
来年からは月税込み4298円
2年のコストは90192円。平均すると月々3758円・・・結構安くないですね。
しかも通話は10分だけかけ放題。2月は油断して通話してしまっていて請求額が8000円程になっていました。なので急いでアプリ「通話時間タイマー設定」という物を導入して強制的に9分55秒で終話してもらうように設定しました 笑)


2018年4月19日木曜日

Zenfone 5 ZE620KL 使用レポート (2018年版) 追記

Zenfone 5  ZE620KL  使用レポート (2018年版)

海外から取り寄せて購入してみました。
手元にzenfone3があるので比較になります。

Zenfone 5  ZE620KLの海外版の内容 一式

Zenfone 5  ZE620K箱を開けた感じです。

海外版なのでコンセントの形が違う、、、日本じゃつかえません。。。
シリコンケースが入ってました。

設定画面です。
日本語がちゃんとありました。良かった!
指紋認証に加えて顔認証も設定。
少し使いましたが顔認証は電源ボタンを押すとロック画面が一瞬でてすぐに解除される感じです。
今の所はzenfone3同様指紋認証メインに使っています。

zenfone3と比べてみました。

少し大きくなって慣れていないせいか大きすぎるように感じます。

今は色々設定も終わって一通り使いやすくカスタマイズしましたが、zenfone3に比べて変わったなって感じる所が少しありました。
まず、
①zenfone3にもともと入っていたアプリの「懐中電灯」「音楽」この2つのアプリがありません。playで探すとアイコンが気に入らなかったり広告付だったりするので個人的にこれは残念な点です。が、しぶしぶ広告のないアプリですましました。
②wi-fiのつながりが悪くなった。
これは少し痛いです。zenfone3で無線ランアンテナ2くらいの箇所は全てアウトになりました。横に並べてもzenfone3はアンテナったってオンラインでもzenfone5はオフライン。って事がしょっちゅうです。アンテナ増設するしかないです。。。
新型でこれは、、、アップデートで良くなればいいですが、、、。

今まで通りボリュームを0にした状態だとカメラのシャッター音もしません。
Taskerというアプリを使えばカメラアプリを起動した時だけ無音設定にできるので便利です。
対応バンドはzenfone3より大分増えたようです。

----------------

Tasker設定方法 

PROFILESタブから+を押して「Application」でカメラアプリを選択し「←」で戻りNew Taskをタップしタスク名を入力「例)sirent」更に「+」をタップし「Audio」「In-Call Volume」をタップ。Levelの下のスライダーを0にして「←」をタップして戻れば設定完了。これでカメラアプリを立ち上げる時だけ自動的にサイレント設定になり、カメラのシャッター音はならないと思います。

他には普段ウェブサイトを見たりする時は画面の回転をオフにしていますが、ギャラリーの写真やユーチューブなどの特定アプリの時だけ回転をオン(Tasker 設定は「Display AutRotate」)になるように設定できます。
GPSで自宅に近づいた時のみWi-Fiがオンになるように設定したりできるのでお勧めです。

----------------

他はスペックアップした恩恵で、例えばアプリ「VLC」からDVDのイメージisoファイルを読み込んでも落ちずに利用できますし、良かったと思いますがこの大きさ、ジーパンのポケットに入れるとちょっとキツイです。
良かった点は「カメラ」です。GoProなどのアクションカメラのような「広角撮影」ができるのは面白いです。更にビデオでは「低速度」というモードがあります。
これは「タイムラプス」モードのような物です。
とは言え総じて言えば、急いで買う必要もなかったかなってのが本音です。

---追記--- いくつか対応していない物が出てきました。(2018年4/21現在)
■個人的つかっているギアで 「Galaxy Gear S3」があるのですが、、
接続はできましたがアンドロイドアプリの「SamsungGear」でギャラクシーアプリが現在非対応の様です。
なのでスマホ(zenfone5)からは画面の種類を変えたりアプリを入れたりができません。
Playの「Record」というアプリを連携させてますが、使えないようです。。。残念。
---2018/05/24現在改善済み---

アマゾンプライムムービー
これは一応見れますが、一度再生画面にして再生スライダー等が消えるとアプリを再起動しないとスライダーが現れません。なので見始めると10秒早送りや戻したり、一時停止ができない状態。現在は改善済み。

Gmailの通知がこない、、
ジーメールの通知が全く来なくなりました。
zenfone3の方では少し遅れますが一応来ているのですがzenfone5では一切来ずにちょっと困ります。
最初はヤフーメールも来ませんでした。が、原因はzenfone5の自動起動マネージャーでした。zenfone3の時よりも強力になっているのか強制的にONにするとyahoomailからは通知が来るようになりました。ですがGmailはダメです。zenfone5にはプリインストールされていてアンインストールできないアプリになっています。最初から自動起動マネージャーではONのままですが通知がきません。。
---2018/05/24現在改善済み---





購入詳細は
注文数: 1   単価: US$ 458.00       
 商品名: Asus Zenfone 5 ZE620KL Dual Sim 64GB Blue (4GB Ram)
商品の小計 : US$ 458.00 配達料金 : US$ 18.00
注文合計 : US$ 476.00
確か51000円くらいです。
iPhone10近いスペックでお値段半額なのでコスパはいいです。が防水ではないのが残念。

2017年12月16日土曜日

Yahoo!モバイル ワイモバイルも良さげです

P10 Lite
が一括108円+キャッシュバック3000円です。
三ノ宮ヤマダです!
3G10分カケ放題
初年度2980円
翌年3980円となり実質月々3500円程です。
これで本体一括なので悪くなさそうです。
エディオンでも明日まで一括0円やってました。

2017年9月14日木曜日

携帯と関係ないですが「スイッチ」売ってたようです

携帯に負けず人気なようで近所で売ってるのかな?と思い量販店で聞いてみましたが
「売ってないですよ。」との事。
ですが先日神戸大丸のおもちゃ売り場で普通に販売していたようです。
買う予定はありませんでしたが、とても珍しい事のようで「あったぞ!買っとく!?」
と電話があり、、、「いずれ買うと思うから買う」と言って予定外に手に入りました。

定価で探しておられる方がおられたらご参考に。

※10月26日に発売のマリオオデッセイとセットのスイッチならエディオンで抽選なく、予約できるそうです。
そろそろ定価で買いやすくなって来てますね。

2017年8月8日火曜日

au iPhone7 シムの使い道は、、、

毎月割が入りこれから2年は安泰、、、と思いきや、iPhone7に刺さっていたシムが他のシムフリー機に使えないというショッキングな事がありその後色々試す羽目になりました。

まず問題なく使えるのはアップルから購入したiPhone7シムフリー
これはすんなり使えるが、テザリングをオンにした途端に圏外になりましたが、
Wi-Fiオンオフ、再起動試すが効果なく、モバイルデータ通信→通信のオプション→通話、データーを一度オフにしてオンに戻すと使えるように復帰しました。
その後問題なく使えています。

問題はアンドロイド系。
少なくとも au iPhone7のシムは zenfone3  Huawei P9  Sony Xperia X F5122 などのシムフリー機に刺しまして
試してみましたが使えません。volte にすれば使えるかもしれませんが毎月割がなくなるので、それするくらいならワイモバイル行きますね。

まず試したのは
■zenfone3台湾版ですが勿論全く使えません。
■isai アンテナは立ちました。表示は3Gとでましたがテストまでする余裕ありませんでした。
■ Sony Xperia X F5122 優秀な海外版のシムフリー機ですがこちらも無理でした。
■auのgalaxyS7 SCV33 新品購入するもこちらも使用不可。
auのgalaxyS7 SCV33(VoLTE対応端末)をシムフリー化してiPhone7のLTEsimを刺しても使えない。
ショップの方いわく、auから発売されている端末の型番の数字の前に「V」が入っているとVoLTE対応端末なので制限がかかっているという事らしい。
■goo g07+ こちらも新品購入しシムを入れると、、、アンテナが立ち、着信成功しましたが、データ通信せずWi-Fiでしか使えません。
■galaxyS5 こちらも新品購入。

最初慌ててて、使えるもんだと思ってどんどん新品購入して結果むっちゃ金かかってしまった。。。

結局アンドロイドでシムフリーは全滅。
泣く泣くauの昔の機種を使っています。
購入したのはGalaxy S5 SCL23とLGL24です。
galaxyS6edge になるとSCV31となり品番に「V」が付くのでvoletシム専用だとわかります。
品番(数字の前)にVが入っていない機種だと使えるようです。

最後にお子様用としてボルテシムになる前のmiraie KYL23はボルテ対応でないのでiPhone7のシムそのまま使えます。
ただこちらはグーグルプレイが入っていないので野良アプリを入れる事になります。
外から無理やりグーグル開発者、、、アプリを入れましたがなんか不安定でグーグルマップは起動しましたがアカウントがログインできず、結局位置情報が使えない為却下となりました。

現在galaxyにS5を使ってますがzenfone3からだとかなり使いずらいです。
何するでもワンテンポ遅れるのと、カメラのレスポンスが悪すぎます。昔を思い出しました。。。

2017年7月21日金曜日

シムフリー機をメインでお使いの方、auへのMNPご注意下さい

私が無知だったのか、、、とにかくややこしいau回線。
メイン回線をauにMNPし一括で手に入れた端末を売却しシムフリー機(zenfone3)に使うおうとして失敗しました。

3Gか4Gか4G VoLTE対応かで使えるsimカードが異なってくるし、L2ロックがかかっているとそもそも購入者しか使えないとかルールが多い。
ということで今回は複雑なauのスマホとsimカードの組み合わせを少し調べてみました。

レベル2シムロック (L2ロック)
auのガラケー、3Gスマホにかけられたロックでこれがかかっていると購入した時のシムしか使えません。
解除するには
契約した本人が本人確認書類を使ってICカードロッククリア手数料(2160円)を支払う。

au回線simカードの互換性
ドコモの場合は3G/4G/VoLTEによってSIMカードが変わったり、スマホにL2ロックがかけられていたりといったことはありませんが
auの場合は3G用 / 4G LTE用 / VoLTE用のSIMカードがあり、それぞれ互換性がありません。

auガラケー             ⇒購入時のsimカードのみ使用可
au3Gスマホ(L2ロックあり)    ⇒購入時のsimカードのみ使用可
au3Gスマホ(L2ロックなしor解除済)⇒auの3G simカードを使用可
au4Gスマホ(VoLTE非対応機種)    ⇒au 4G simカード/au系格安sim(4G/LTE)使用可 (※グラティーナはここ)
au4Gスマホ(VoLTE対応機種)     ⇒au VoLTE対応simカード/au系格安sim VoLTE対応simカード ※レベル1simロック解除

シムの大きさは下駄をはかせるなどで対応できますが、このVoLTE(ボイスとLTEが一緒って感じの意味)だと対応、非対応で使えません。
今回私が困ったのがこれでiPhone7を購入し、毎月割がもらえ、そのシムをアンドロイド派の私はシムフリー機で安く使おうと考えていましたが、実際はシムを差し替えても使えないという事になりました。
どうしてもiosで使いづらい為いくつか端末を用意する羽目になりました。
(また途中の為経過は次の記事にでもまとめさせていただきます)

ここからは
せっかくなので auシムロック解除の手続きについてまとめです。

『機種購入日から180日以上』『2015年5月以降に新たにauで発売された端末(Galaxy S6 edge SCV31を含む)』とあります。
auの場合は購入者本人でなくても条件を満たしていれば(レベル1)simロック解除は可能となっています。

で調べられます。

※ご契約中のau契約で購入履歴が確認できる機種のみお手続きが可能です。
とあります。

■ショップでシムロック解除すると3240円の費用がかかるが契約していない端末でもロック解除してくれるらしい。
■My au(ネット)からだと、利用登録が必要。

このシステムはすごく良心的と言うか便利ですがシムが、、、VoLTEとLTEと変な制限がかかっているのでとても使いづらく感じます。ってかシムフリー機が結局いまだにauだと使えない状態。